アレルギー科

アレルギー外来

診察時間
アレルギー外来(特別外来時間内)
:15:30~17:00 :13:30~15:00
受診方法
電話予約
  • 一般診察の時間帯でもアレルギーの相談は可能です。時間がかかる場合は、特別外来時間内のアレルギー外来の予約を取っていただく場合があります。
  • 大人の方も予約可能です。大人の方で予約時間内にご都合がつかない場合は、まず内科を受診していただくこともできます。

アレルギーの病気について

アレルギーの病気は年齢によって特徴があります。また、赤ちゃんの湿疹と食物アレルギーのように、病気同士の関連もあります。
アレルギーのトータルケアを年齢に応じて行うことがとても大事です。
小児科から内科へ移行される方、大人の方のアレルギーの相談も受け付けています。

  • 気管支喘息

    喘息は、咳が続いたり、ゼーゼー・ヒューヒューと音がして息が苦しくなる病気です。単なる風邪と似ている「かくれ喘息」もあります。

    症状が重たいまま長期間放置していると治りにくくなる場合があり、早めにしっかりと治療をすることが大切です。

    気管支喘息

  • アトピー性皮膚炎

    かゆい湿疹が長く続く病気で、食物やダニなどが原因となることがあります。湿疹を長期間放っておくと、他のアレルギーの病気の原因となることがあるため、しっかりと治療をすることが大切です。

    当院では小児アレルギーエデュケーターの資格を持った看護師を中心に、スキンケアのお話もさせていただきます。

    アトピー性皮膚炎

  • 食物アレルギー

    卵・乳・小麦などの食品を食べて、じんましんが出たり、しんどくなったりする病気です。アレルギーがあっても、少量なら食べられるお子さんも多くいらっしゃいます。治すためにはアレルギーがあっても完全に除去するのではなく、安全に食べ続けることが大切です。

    必要な方にはアナフィラキシーが起こった時に使う「エピペン」注射の処方・説明も行っています。

    食物アレルギー

  • 食物経口負荷試験

    アレルギーがあるかどうか分からない、あるいはどのくらい食べたら症状がでるのか分からない食品を、病院で食べて試す検査です。

    リスクを伴いますので、受けていただくのには体調などの制限があります。また、9歳未満のお子さんで、お一人につき年に2回までとなります。

    食物経口負荷試験

  • アレルギー性鼻炎・花粉症

    年々アレルギー性鼻炎のお子さんが増え、発症年齢が下がってきています。

    ひどくなってから治療するのではなく、軽くても早めにしっかり治療することで、次々とアレルギーが出来上がることを予防できます。

    アレルギー性鼻炎・花粉症

  • アレルゲン免疫療法(舌下免疫療法)

    ダニによるアレルギー性鼻炎とスギの花粉症を根本的に治すことを目指した治療です。ダニまたはスギ花粉症自体のたんぱく質を3~5年間とり続けることで、それらに反応しにくい体質へ変化させます。5歳以上(大人も可)に保険適応のある治療です。

    費用の概算は3割負担の大人の方では、月1回の受診でクリニックで約600円(初診時の検査は別)・調剤薬局で約2,200円で、合計約2,800円、1年間で約33,000円となります。

    舌下免疫療法(小児・成人)について『アレルゲン免疫療法ナビ

    アレルゲン免疫療法(舌下免疫療法)

  • 重症なアレルギーの病気に対する生物学的製剤

    重症の喘息やアトピー性皮膚炎、じんましんに対する特殊な治療として、定期的に投与する皮下注射の薬があります。

    当院でも専門病院と連携しながら投与を継続することができます。

    重症なアレルギーの病気に対する生物学的製剤

最寄りバス停より徒歩約1分。駐車場3台あり。

  • 詳しい地図を見る